社員インタビュー

私たちはこんなふうに日々働いています。

営業

本作りをお客様と共に

ただ「仕事をいただく」
だけではない

「道音さんちょっと」

「打ち合わせ終わったら、こっちにも寄ってくれる?」

私たちのお客様は出版社や印刷会社さんです。営業の仕事は大切な原稿を組版するDTP業務を任せていただくことです。

ただ原稿をお預かりしてオペレータに渡せばそれで終わり、ではありません。お客様には「こんな本にしたい」という思い、要望があります。それをお聞きし、形にできるようオペレータと相談し、作業指示を出します。校正ゲラがあがれば、イメージ通りにできているか確認し、お客様にお届けします。

「ありがとう。本できたよ」

お客様から笑顔で出来上がった本を見せていただく、それが一番うれしい瞬間です。そして、「また頼むね」と言われると、信頼が強まった実感がします。

こうした信頼は、新しいお客様との出会いにもつながります。

お客様の信頼は、
制作との連携からも

本が出来上がるまでには、時間との勝負になることもあります。ですから、スケジュール管理、制作の進行管理も大事な仕事です。

時には、どう修正していいのか判断に迷うこともあります。お客様に確認するのが基本ですが、明らかな誤りはこちらの判断で修正することもあります。当然、制作部と連携をとり、どんな作業が行われたか申し送り書を添付したり報告モレがないよう工夫し、「勝手な作業」にならないよう取り組んでいます。そして、その時も大事なのは、お客様との信頼関係です。

そのため、日頃からお客様の進行方針などをよく理解するよう努め、直接きちんとお話しするようにしていないといけません。そうした細かいケアをご理解いただき、任せていただく仕事量が増えることが営業としての大きなやりがいになります。

積み重ねたものが
実った日

私たちが関わる出版物は小説のようなエンターテインメントもありますが、多くは情報やノウハウを提供するジャンルです。ですから、日ごろ新聞などを読み、欠かさず情報収集しています。

こんなことがありました。あるニュースを見て「これを取り上げた本が出ないかなぁ」と思い、お客様のところでそのニュースに関する出版がないかお声がけさせていただきました。すると、まさに緊急出版が決まり、DTP会社を探されていたのです。さっそく任せていただき、短期間で出版にこぎつけることができました。

これにより新たなご縁ができ、その後もDTP業務を任せていただくようになったのです。日ごろからのお客様とのコミュニケーションと情報収集を営業活動に活かせた事例となりました。

人とのつながりで
さらなる飛躍を

私は、人の対面のつながりを大事にしています。データも連絡もメール一本でやり取りできる時代ですが、日々、お客様を訪問し、直接お会いします。メールで送ったものも、誤解がないよう、電話などで直接言葉でお伝えし、確認します。それがお客様と共に作っているという共感やチームワークにつながると思うからです。IT技術の発展で作業は効率化出来るかもしれません。でも、やはり最後は人と人とのアナログな関係がすべてだと思っているからです。

制作した書籍を書店で見かけるのも大変うれしいです。それでも、書店に行くと、私たちがDTPで携わった書籍はごく一部です。これからも多くのお客様とのつながりを広げ、信頼関係を深め、沢山の書籍づくりに携わっていきたいと考えています。




DTPオペレーター1

  しばらくお待ちください 

DTPオペレーター2

  しばらくお待ちください 

  • Site map
  • Sarch
    •  WWW
    •  marlincrane.jp
    • Google